よくあるQ&A

Q1 矯正は痛いですか?

Q2 服装など気をつけることは?

Q3 どのくらい通えばいいですか?

Q4 整体を受けてはいけない時がありますか?

Q5 当日予約もできますか?

Q6 駐車場はありますか?

Q7 二人で行ってもいいですか?

Q8 出張もしていますか?

Q9 出張の時に何か用意するものは?

Q10 男の人と二人きりになるのは不安です・・・

Q11 教わった矯正運動はいつまでした方がいいですか?

Q12 ショートメニューもありますか?

Q13 出産後の骨盤矯正をしたいのですが?

Q14 ぎっくり腰で動けません・・・

Q15 赤ちゃんがいるのですが・・・

 

 

Q1 矯正は痛いですか?

ご安心ください。当院の矯正はボキボキと骨を動かすものではありませんので、ほとんど痛みはありません。

 

Q2 服装など気をつけることは?

A 服装について

スウェットやジャージなどの柔らかい素材、少しゆったり目の服装が最も適しています。

逆にスカートやスリムジーンズは避けてください。

また衛生上の理由から、履き替え用の靴下をご持参ください。

素足の方には100円の靴下をご用意しています。

A コンタクトレンズについて

うつ伏せでの施術が数十分ございますので、コンタクトレンズよりも着脱可能なメガネのほうが目の負担は少なく、楽に整体を受けていただけます。

A 髪の毛について

肩や首の整体時に髪を巻き込んで引っ張るおそれがあります。

髪の長い方はゴムバンドなどでまとめていただくと、より快適に施術を受けられます。

A タバコについて

院内は禁煙です。

喫煙は血行を悪くしますので施術の直前・直後はお控えください。

 

Q3 どの程度通えばいいですか?

症状の程度や体質により違いがあります。

例えばぎっくり腰の場合、初めの2回を1週間以内、経過を見ながら3回目の施術が必要か判断します。

長年の慢性的な症状でお悩みの方は、週1回~月2回を目安になさってください。

「予防に勝る治療はない」という名言もありますが、一般に症状の予防として定期的にご利用いただくほうがかえって費用を抑えられ、お仕事や家事、旅行など大切なご予定への影響も最小限で済むようです。

 

Q4 整体を受けてはいけないときがありますか?

発熱時や妊娠中、骨粗しょう症などの禁忌がございます。

ご心配な方はお問い合せいただくか、かかりつけの医師とご相談ください。

また、施術直前(約1時間)の食事は消化に良くないためお控えください。

 

 

Q5 当日の予約もできますか?

はい、当日予約はお電話でのみお受けできます。

メールは確認とお返事に時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

 

 

Q6 駐車場はありますか?

はい、敷地内にご用意しております。

空いているスペースに駐車してください。整体院前

 

 

Q7 二人で行ってもいいですか?

どうぞお連れの方と一緒においでください。

1時間ほどお待ちいただきますが、その間空いているベッドでお休みいただくこともできます。

またその際、姿勢矯正(約10分)をサービスさせていただきます。

 

Q8 出張もしていますか?

はい、熊谷市内は出張料が無料です。

交通手段のない方、外出困難な方が対象となります。

市外の方もご相談ください。

 

Q9 出張の時に何か用意するものは?

お布団をご用意いただき、楽な体勢でお待ちください。

出張には車で伺いますので、駐車場を確保してください。

また施術後はすぐに失礼しておりますので、お茶などのご用意は必要ありません。

ご不明な点は、お気軽に お問い合わせ ください。

 

Q10 男性と2人きりになるのは不安です・・・

女性スタッフ同伴で施術しますので、ご予約の際に遠慮なさらずお申し出ください。

出張時も同様に、スタッフと2人で伺うことができます。

 

Q11 教わった矯正運動はいつまでした方がいいですか?

矯正のための運動療法は、お体に合わせて調整しながら行ないます。

運動指導を受けた方はお体に合った運動を行なっていただくため、定期的なご利用をおすすめします。

 

Q12 ショートメニューもありますか?

当院はクイックマッサージ店ではないため、10分程度のショートメニューはご用意していません。

基本的に全身をみることに加え自力矯正の指導も含めると、1時間ほどお時間がかかります。

 

Q13 出産後の骨盤矯正をしたいのですが?

出産後の開いた骨盤を元の状態へ戻すことは、健康面だけでなく“体形の崩れを防ぐ”という美容面でも有益です。

骨盤矯正を始めるのは骨盤が落ち着く時期、初産であれば約3ヶ月後、二人目以降なら約2ヶ月後を目安にするとよいでしょう。

産後の骨盤は収縮を繰り返していますから、床上げまではできる限り安静を保ち、不安定な骨盤に負荷をかけないことが大切です。

また、内股座り(アヒル座り)や横座り、うつ伏せ寝など、骨盤をさらに歪ませる姿勢にも注意しましょう。

市販の骨盤矯正ベルトも一定の効果があります。

 

Q14 ぎっくり腰で動けません・・・

長引かせないため、無理をして動かないでください。

楽な姿勢で横になりましょう。

痛い側の足を開いてうつ伏せになると、痛みが和らぐ場合もあります。

最初の2,3日は安静と患部の冷却が必要ですので、その間はできる限り安静にしてください。

セルフケアのすすめ にも情報がありますので、参考になさってください。

初期の対応を間違えなければ、数日で必ず快方に向かいます。

 

Q15 赤ちゃんがいるのですが・・・

施術中お子様をお世話するサービスは、2016年5月をもちまして終了しました。

これまでたくさんのご利用、ありがとうございます。

小さなお子様がいらっしゃる場合は、お子様をどなたかにお預けいただくか、ご夫婦でお越しください。

難しい場合、お子様と一緒においでいただき、ご自身でお世話することもできます。

おむつ替えなど、お世話のスペースはご用意できます。

昼寝をする赤ちゃん